オーラソーマイクイリブリアムボトルB20番チャイルドレスキュー/スターチャイルドのメッセージ~インナーチャイルドを癒すということ~

2月 13, 2017 // Leave a Comment

B20番チャイルドレスキュー/スターチャイルド


 

20番:ブルー(上層)/(下層)ピンク

 

 キーノート:無条件の愛のコニュニケーション。

意識のマインドにおける平和、自己の深みにある自己受容。

 


 

パートナーシップの相談を受けていると、

 

○母が彼のことを認めてくれないんです。

○両親が心配するので、早く結婚しなくちゃと思うんです。

○母と一緒に暮らしているので、結婚して家を出たら、何かと心配なんです。

 

といった話になることが度々あります。

 

『お母さん(お父さん)の期待になんとか応えてあげなくちゃ』

と思っていらっしゃる
真面目で優しい方が多いです。

 

私自身も、小さい頃から散々、
母から愚痴を聞かされてきて、

(主に父に対する愚痴です、笑)

「しっかり者の娘の役割」を途中まで
演じてきたのでその気持ちよくわかります。

 

 

何で「途中」までかと言うと・・・。

人生のどこかの時点で、

母の期待に応える生き方=私にとっての幸せではない

と気づいてしまったからです。

 

 

おそらく母は、
学校の先生とか看護士など
堅実な仕事に就いて、

 

安定した会社に勤めている会社員とか
公務員と結婚して、

子どもを産んで欲しかったんだと思います。

 

 

残念ながら、私は、
「安定」とか「堅実」よりも、
「自由」とか「冒険」の方が好きなんです。

 

 

大学卒業後は
従業員60名ほどのベンチャー企業で
営業職として働いていましたし、

 

 

今はオーラソーマという世間的には
よくわからないものを仕事にしています。

 

 

おまけに夫も、
カウンセラーであり講師で、
二人して不安定な仕事です・・・。

 

 

母が望んでいた人生とは、全く逆ですよね。

 

 

でも、私は幸せなんです。

 

 

「自由」や「冒険」を選ぶことで、
失敗や痛い思いも沢山して来ましたが、
自分の選択を後悔していません。

 


人生には、誰に何を言われようと、

自分が信じた道を進まなくてはならない時があります。

 


 

それが自分の人生を生きる、
ということだからです。

 

もし、心の声に従おうとした時、

親の期待を裏切るように感じたり
罪悪感で前に進めなくなってしまったら、

傷ついた子ども時代に
向き合うチャンスなのだと思います。

 

 

罪悪感の根底には、

”ありのままの自分を愛してもらえなかった”

という痛みがあり、

 

”愛されるためには、
親の期待通りに振舞わなければならない”

 

という思い込みがあるからです。

 

 

この痛みを受け入れ、
手放すことができた時、

進むべき道を選べるようになるのです。

 

 

 

20番は、インナーチャイルド
(子ども時代の傷)を癒す
ボトルとして知られています。

 

上層には父性をあらわすブルーが、
下層には母性をあらわすピンクが入っており、

 

混ぜると変容と癒しの色である
ヴァイオレットがあらわれます。

 

 

子ども時代の痛みや
親との関係で培った傷を
癒すことができれば、

 

もっと自分を愛し、
人生を信頼できるようになります。

 

「周りが反対する道を選んでも、OKである。」

 

という自己肯定感が、
自分らしい人生を歩むことへと
つながっていくのだと思うのです。

 

 



Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Copyright © 2012-2016 横浜のオーラソーマサロン&スクール Heart Of Love All Rights Reserved.