億万長者とアート 

11月 4, 2020 // Leave a Comment

 

 

日本のカジノ王が建てた美術館は収蔵数、広さともに圧巻だった

「人はとんでもなく金持ちになると、 埴輪を買うんだね。」

 

箱根の岡田美術館を訪れたとき、
夫がつぶやいた言葉です(笑)

 

岡田美術館は、「日本のカジノ王」 と呼ばれている
岡田和生さんが収集した 東洋・日本の美術が展示されており、
日本画や陶磁器、縄文土器や土偶などがあります。

 

 

伊藤若冲、喜多川歌麿など私でも知っている
日本を代表する画家さんの作品もあって 、
とても見応えのある美術館でした。

 

 

正直、私、岡田和生さんに対してあまり
いい イメージがなかったんです。

 

 

岡田さんが代表を務めていた
ユニバーサルエンターテインメントは
パチスロメーカーの会社です。

 

 

ギャンブルって人を中毒化させて
リピート化 させるビジネスですし、

 

クライアントさんにもパートナーが
ギャンブル依存症で苦しんでいる方がいたので、
ギャンブル=この世になくてもよいもの、
と思っていました。

 

りっぱな美術館は、ギャンブルの利益に
よって建てられたのかと思うと、
なんだか複雑な気がしたのです。

 

また、会社の経営権を巡って家族で骨肉の争いをしている、
というニュースを読んで、ますます闇を感じていました。

 

一見ダークに見える人の中にも、崇高さ、愛情深さがある

そんな私が、伊藤若冲の展示を見て、

「こんな素晴らしい作品を鑑賞できるのは、
芸術を愛し、保存修復のための資金を
惜しまない人がいるおかげだ」

と思ったんです。

 

私利私欲にまみれている人であれば、
このような美術館は建てなかったでしょう。

コレクションを公開することで、
豊かさを社会に還元しているんですよね。

 

そして、どんな人間も「聖と俗」、「善と悪」があり、
どちらか片方だけの人なんていない、
ということに改めて気づいたんです。

 

 

そう、あなたが嫌いなあの人も、 愛情深い一面や、
尊敬できる点がきっとあるはずです。

 

人のもつ多面性を受け入れ、
「あの人はいつもこうだ!」という ジャッジから
自由になることができたら、

 

誰かともっとつながることができたり、
チャンスを受け取ることができるのではないかと思います。

 

箱根の東洋美術の殿堂を訪れ、
そんなことに思いを馳せた日でした。

 

Kazuo Okada

 

 

 



Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Copyright © 2012-2020 横浜のオーラソーマサロン&スクール Heart Of Love All Rights Reserved.