人生は運か努力か?ちきりんさんのvoicy『「すべては運」という人生観』を聞いて思ったこと

アスリート、著名人が語る「努力すれば夢は叶う」を信じてはいけない

 

私は常々、

「努力すれば夢は必ず叶います。」

「あきらめなければ夢は実現します。」

と言う人に違和感を感じていたんです。

 

そのモヤモヤの理由が、
ちきりんさんのVoicy(音声メディア)、

「すべては運」という人生観

を聞いてわかった気がしました。

 

 

この回は、ちきりんさんが20代の頃、
インドやミャンマーなどの様々な国を旅する中、
人生観が作られたという話がメインテーマで、

 

生まれてきた国、時代によって
人生が変わってしまう事実があり、
個人の努力ではどうにもならないことを
若い頃に知ったと語っていました。

 

だから、手持ちのカードで勝負するしかないよね、と。

(文末にリンクを付けてますので、ぜひ聞いてみてください!)

 

私が「努力すれば必ず夢は叶う論」
に違和感を感じるのは、

それを唱えている人は、いろんな要因が重なった上で
成功を掴んでるはずなのに、

「成功の要因は努力である。だからあなたも頑張ればできるのよ。」

と伝えている点です。

 

 

身も蓋もないですが、
「どんなに努力を重ねても叶わない夢もある」
が真実ですよね。

 

例えば、今、就職活動中の学生が
スチュワーデスやパイロットになろうとしても、
コロナ禍では非常に難しいわけです。

 

適性や能力があったとしても、
まず募集枠がないんだから。

 

いい意味であきらめた方が幸せになれることもある

 

残酷なことですが、人生には変えられることと、
変えられないことがあります。

 

身体的特徴とか遺伝的特質、
生まれてきた国や時代、
育った環境なんかは「変えられないこと」
の最たるものですよね。

 

自分の力ではどうにもならないことを
受け入れるのはしんどいことですが、いい意味で
あきらめると新しい可能性が開いていきます。

 

すごく好きだった人と上手くいかなくて、
思い切って別れたら、
素晴らしい男性と出会ってあっさり結婚した、
という話がたくさんあるように。

 

変えられるもの(個人の努力で達成できること)と、
変えられないもの(個人の力が及ばないもの)を知り、
今置かれている状況の中で、希望を見つけることが

 

幸せに生きるということなんだと思います。

 

Voice of ちきりん

#134「すべては運」という人生観
https://tobitayukiko.com/voicychikirin

 

 

 

 

 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください