被害者意識を持っていると幸せになれない理由

10月 15, 2015 // Leave a Comment

lgf01a201307061500

 

 

昨日の夜、この記事を執筆中に
焼きリンゴを作っていたら、

見事に焦がしてしまいました・・・。

 

ああ、私の食後のデザートが(涙)。

 

デザートが食べれなくなっただけでなく、
焦げ付いたフライパンを洗わなくてはならなくて、

仕事が増えただけでした。。

 

書き物しながらお料理をしてはいけないですね。

 

 

さて本題です。

 

クライアントさんの中には

「恋愛も仕事も、いつもうまくいかないんです・・・。」

とおっしゃる方がいらっしゃいます。

 

意地悪なお局様みたいな人が会社にいて、
いじめられしまって、

『こんな職場嫌だ!!』と思って転職しても、
やっぱり同じような境遇にあってしまうとか。

 

付き合う男性に度々浮気をされてしまう、とか。

 

はたまた事故や怪我が絶えないとか・・・。

(私の友人にも交通事故に3回あったという人がいます)

 

上記の例は極端かもしれませんが、

「幸せになりたいはずなのに幸せになれない」

という方にはある共通の信念パターンがあるのです。

 

せっかくなので、あなたも何か
考えてみてくださいね。

 

 

はい、答えを言います。

 

幸せにならないことで、

自分を傷つけたと思い込んでいる人に
復讐をしているのです。

 

”でも飛田さん、

うまくいかないこともあるけど、

誰のことも憎んでいませんよ!”

と思われた方もいるかもしれません。

 

もちろん、ほとんどの人は、
復讐しようなんて思っていないはずです。

 

でも、無意識レベルで、

「私が不幸なのは、●●のせい。」

と思っています。

 

被害者意識を持っていると、
幸せを選択することはできません。

 

自分の人生に責任を持つことを避けて
誰かのせいにして生きているからです。

 

残念なことに、被害者意識を持ち続けていると
自分自身を傷つけてしまいます。

 

その結果、自分が不幸になる出来事や
幸せを遠ざける選択を自然としてしまうのです。

 

それはまるで、

『幸せにならないことで相手を復讐するプログラム』

自動的に発動しているようなものです。

 

初めてこのお話を聞くと
ちょっとショックかもしれませんね。

 

でも安心してください。
解決策もちゃんとあるのです。

 

どうしたらこの自動プログラムを解除し、
幸せを選択できるようになるかと言うと・・・。

 

自分の内側と向き合って、

・愛してもらえなかったという痛みに気づき、
感情を解放していくこと

・復讐したいと思っている相手を許していくこと

・幸せを受け取ることに許可を与えること

をしていくことなんですね。

 

 

もっと詳しく知りたい!という方は、

飛田のセミナーや個人カウンセリングにいらしてください。

 

©jerryfergusonphotography(CC BY-SA 3.0)

 

 



Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Copyright © 2012-2016 横浜のオーラソーマサロン&スクール Heart Of Love All Rights Reserved.